2592322_17_thumb

 いち孤高で自分を見る。

  下手に限りなし上手に限りなし、謙虚には一種の態度で、更に1種の教養。自分の位置を正す、権力とは一時的な、お金は外で、体は自分、人は長い。時に来る時、そうしなければならない時、そうでない時は音がなくて

  盲目的に承諾しないで。

  言必信行必果植え行動習慣が収穫;植え習慣が収穫性格;で性格が運命――習慣が一人で収穫。

  簡単な求人さん。

  自分で解決できる問題を捨てないで問題を他人に。独立性を尊重し、他人を犯さない自分、自分、自分を大事にし、楽しい生活。人を知ることができるのは1種の知恵を、もっと他の人の認識は1種の幸福で、自分で自分を知って者は賢者。

  よんしよで押し付ける。

  人は人は、そのがなくなさい;世本は世、は丹念に処世。人生の三種の境界:見て山は山で、水は水を見て、人の初め、見る山は山ではない、水水ではない――中年;見山は山、水は水——自然回帰。

  ご.他人をからかってはいけない

  他人の人格を、楽しい一時を一生。命とは全体の相互依存、世界のすべての同じものに依存して他のものに恩を感じて。大自然の福佑恩恩を感じて、親に恩を感じて、食の甘、感恩衣の暖かさ。

  ろく.別八つ当たり

  1体を傷つけて、二傷感情。人と人が生まれたと死んですべて平等で、泣き声で、泣き声に。くれぐれも注意して、自分の名殘で、他の人はとっくに意を決して、1歩退いて限り、忍を一時青畳を敷いたよう;多すぎる防断腸の思い、細い目で長く見よ。

  人の話を遮らないななしち。

  多言なれば数窮す、言わぬが花。聞くのは1種の知恵、一種の教養、一種の尊重、1種の心の交流は、穏やかな気持ちで、成熟し。

  はち.舐めんな計器

  種まきは美しくて、収穫幸せ。計器は一種の気持ち、計器は一種の力。自分を見つめ美のと同時に、他人を美しくて、これは心を調整、修行を超え、ヨガ。

  きゅう、くで自分を閉じて。

  たくさんの人と交流してインタラクティブは一種の必要な能力。人を助けるのは1種の崇高な、理解人は1種の闊達、許すことは一種の美徳、サービスは一種の幸せを得て、他人の理解や鑑賞は更に1種の幸福。満月は詩、欠月は花が首を伸ばし、春は秋には、頭を。

  じゅう.おとなしい人をいじめるな

  弱者に同情しは一種の道徳、ある種の境界、一種の調和がとれている。心理健康こそ、体の健康。人の器量が多い分分、気質、人が多い分分気質、人気、人人気が多い分分、事業、积善成德、精神修養。