ある日、王様は田舎へ狩りに行って、おじさんに可愛い小スズメと黒の小さなカラスにプレゼントしました。



王様はこの二つの小さな動物にとても大切で、毎日手に入れて、スズメも小さなカラスも毎日大きくなっています。カラスは大きくなって、誠実で勤勉である。しかし、すずめは成長したマスター甘言を見ただけで、王様は口実が悪い事ばかり。それ以来、王さんはスズメにますますよくなった。小さいスズメはますます得意になって、よく王様の前で甘えることがよくて、よく食べて、よく住んでいます。カラスはあまり見ては国王、食べたものは自分で探して、住むところが占めて小さい雀れ雑物しかない。皇居の入り口の古いエンジュに泊まる。



ある日、国王の報告を受け、家の果樹園の発見たくさん害虫、国王はとても心配に聞いて雀:「どんな方法で害虫を退治しますか」と、すずめは「仕方がない、これは悩み果樹園のあなたの価値がありますか?」王は怒って、カラスに相談して、果樹園の害虫が災害になることを話しました。「田舎に来て、兄弟たちを手伝ってくれませんか?」王様は「もちろんいいです」と喜んでいる。カラスは田舎に帰って、王様の果樹園に害虫がたくさんいることを兄弟に伝えました。翌日、カラスが飛んで蟻の堂参り国王の果樹園を経て、三日三晩の緊張を包囲、害虫を一掃。果樹園の果樹はまた生気を取り戻した。



そのため、国王を分からない小さい雀を追い出し、皇居には「灭害功労者」の称号授与カラス。カラスは私たちの親友だと宣言して、必ずしっかり保護して、傷つけてはいけません。
時に来る時、そうしなければならない時、そうでない時は音がなくて